投稿者「ef」のアーカイブ

小林弘人『ウェブとはすなわち現実世界の未来図である』

日本で一番ウェブをわかっている男「こばへん」こと小林弘人氏の新刊『ウェブとはすなわち現実世界の未来図である』が、3月15日にPHP新書から発売されます。 ネットは私たちの暮らしをどう変えるのか、机上の社会論ではなく「いま … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「緊デジ」後の近況など

1年以上も放置気味になっているブログですが、近況のご報告を。 昨年の1年間は出版デジタル機構と契約をして、緊デジ(経済産業省「コンテンツ緊急電子化事業」)という補助金事業に取り組んでいました。これは311復興支援の一環と … 続きを読む

カテゴリー: 仕事 | コメントする

パブリッジで電子書籍のお手伝い

大手から中小零細まで、日本の出版社が集まって作った電子書籍の新会社「出版デジタル機構(サービス名称:パブリッジ)」のロゴをデザインしました。 publish + bridgeで「pubridge」。出版(パブリッシュ)と … 続きを読む

カテゴリー: DTP & Web, 仕事 | コメントする

フォント関連書籍の解説を書きました

  インプレスジャパンさんから3月9日に「サイトデザインに差をつける Webフォントコレクション」が、3月16日に「DTPの現場で役立つ OpenTypeフリーフォントコレクション」が発売されました。フリーフォントCD- … 続きを読む

カテゴリー: DTP & Web, 仕事 | コメントする

「ビジネスメールの中国語」をつくりました。

三修社さんから発売になる「ビジネスメールの中国語(林 松涛・著)」の本文DTPを担当しました。この本は中国語(簡体字)でのメールや手紙を書くときに役立つ文例、決まり事、マナーなどを、たくさんの想定ケースごとに掲載・解説し … 続きを読む

カテゴリー: DTP & Web, 仕事 | コメントする

日本の電子出版のインフラ作り。

講談社・光文社・集英社・小学館・新潮社など日本を代表する出版社20社が集まって、電子出版のインフラ作りを共同で行うための機構作りがスタートした。中心となっているのは小学館と講談社だが、中小出版社の代表としてポット出版の沢 … 続きを読む

カテゴリー: DTP & Web, 仕事 | コメントする